レディースネットワーク・21 H18調査研究報告
 『木質ペレットストーブ普及を生かした山村地域活性化調査報告書』
 第1部 調査研究報告


2 広島県調査

ペレットストーブ普及先進地の1つ広島県での調査報告です。


(1) 調査地概要

 広島県庄原市は広島県の北東部に位置し、人口は約4万3千人、年平均気温が10.1〜11.5℃と冷涼で、市の北部では積雪が1.6mに及ぶ地域もあります。市街地において商工業の集積がみられますが、全体としては農林業が盛んな地域です。
 森林の面積は9万9千ヘクタールと、市の面積の8割を占めています。また森林面積の4割をスギやヒノキなどの人工林がしめており、県内で最も高い人工林率となっています。その人工林の7割は間伐が必要な林分であり、今後、間伐を進めていけば、資源の飛躍的な増加が期待できます。
 この森林資源を利用した資源循環型の地域づくりや、新たな産業や雇用を産み出そうと、庄原商工会議所では平成15年から3年間で木質バイオマスを利用したエネルギー生産・循環システム調査事業を行い、NPO法人森のバイオマス研究会がその事業を受託しました。
 庄原地域における、豊かな森林資源の活用と、資源循環型社会の地域づくりを進めるための取り組みとしては、地域の木材を使用した家作り団体や、バイオマス研究会の設立があげられます。中でも、バイオマス研究会は森林資源活用の出口となるペレットストーブの普及において広島県で主導的な役割を果たしています。


(2) 調査地普及概要

 普及の主体である森のバイオマス研究会によって、平成15年に4台のペレットストーブを購入し、その内3台を小学校、大学、庄原市の農産物などを販売する「ゆめさくら」においてデモを行い、残りの1台をイベント展示に活用しPRを行ってきました。
 そして、日綱設計株式会社・研究会・広島県の3者協働による広島型ペレットストーブの開発を行い、平成16年10月ペレトーブが誕生しました。
 普及啓発活動として、シンポジウムの開催、環境関連のイベントなどでのストーブ展示や、燃料であるペレットを使用したクラフト作り、ストーブのリース事業を行うほか、森の手入れ講座や環境教育など様々な形で資源循環型のまちづくりを行っています。
 ペレットストーブの普及台数の推移は表のとおりです。

  平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度
台数 4 30 80 100

 これまでの4年間で100台を超えるところまで普及してきましたが、広島県にはペレットストーブ導入のための補助金や助成金制度がありません。そして、この販売されたペレットストーブの購入者の多くは民間の方々で、公共施設にはほとんど入っていません。ここまで普及が広がったのは、先に記した研究会の活動と、研究会の会員でもあるペレットストーブ販売代理店の方々の営業努力によるものです。
 広島で使用しているペレットについてですが、県内にはペレット生産を行っているところがまだないため、岡山にある銘建工業という集成材の会社から購入しているものを使用しているのが大半です。ペレットの原材料は集成材を作る際に発生するかんな屑やおが屑です。
 銘建工業で作られたペレットの流通経路は、ストーブ販売代理店の方々がまとめて買いに行き、それを利用者に小売しています。ペレットは1kg35円で販売していますが、家まで配送する場合、運搬費は別途かかります。

(3) 調査結果

 研究会会員であるペレットストーブ販売代理店から紹介された6件のストーブ利用者に聞き取り調査を行いました。

【1件目 Fさん・自宅の居間】
 自宅新築の際、吹き抜けのあるログハウスに似合う暖房器具を探していたのと、小さいこどもさんがおられるので、有害物質のでないものを使いたいということもあり、ペレットストーブを購入されました。使用した感想としては、暖房の出力を一番弱くしても暖かいということでした。また、排ガス規制で環境に良い車は税金が割り引かれるように、ペレットストーブも助成金を出したり、税金を安くするなど、もっと多くの人たちが使えるようにして欲しいということも言われていました。

【2件目 地元食材を使った田舎料理屋『りんご畑』・お店の入り口】
 平成17年にオープンしたお店で、1件目に紹介したFさんがお店を建てた関係で、ペレットストーブを知ったということでした。お店では化学調味料などを使わず体に良いものを提供しているので、暖房機器も環境に優しい物を使いたかったというのが購入理由として挙げられていました。また、食べ物を扱うので、灯油ストーブだと注ぐ際、手に臭いがうつるのが困るが、ペレットだと触っても臭いがしないということ、また薪ストーブと比べて燃料が清潔でコンパクトであるという点も良かったようです。地域の眠っている森林資源の利用が進めばいいなということもおっしゃっていました。

【3件目 Nさん・自宅の居間】
 こちらでは広島型のペレットストーブを利用されています。以前から環境に関心があり、ちょうどリフォームしようとしていた時期に知り合いのペレットストーブ代理店さんから環境によい暖房機器があると聞いて、購入されました。薪ストーブは火の始末と薪の調達が心配なのでペレットストーブを選ばれたということです。
 使用した感想は、手間がかからず操作が簡単。炎が見えて雰囲気が良い、安全でにおいがしないということでした。また、今使っているペレットは岡山で作られた物なので、地域でペレットが供給でき、地域で循環できるようになればよいと思うとのことでした。

 Nさん宅

【4件目 養護医療施設 同仁病院・リハビリ室】
 こちらも広島型ペレットストーブを設置されています。購入を決められたのは、病院の事務長で、ペレットストーブ代理店の方からストーブを普及したいという話を聞き環境のため、地域のためということ、炎が見え、暖かみ・温もりを感じられるということでした。空気が汚れないので患者さんへの影響を心配しなくて良いといったことや炎が見えるので、患者さんに懐かしい気持ち、暖かい気持ちをもってもらえるというのが使用してみた感想として挙げられました。

【5件目 Sさん・パンとお菓子の工房セレス】

 パン屋さんの中にあるストーブ

 平成15年にパンの加工場を建てる時に、岩手のペレットストーブを見に行った友人から話を聞き、ペレットストーブを知り、エコロジーで、薪に比べて燃料調達に手間がかからないということで購入されました。こちらで使用されているのは石村工業のクラフトマンといって、ペレットも薪も両方使用できるタイプで、電気を使わないペレットストーブです。ペレットストーブを設置したことで、珍しがって見に来られたり、人が集まるようになり、実際にストーブを見て、買いたいと言われることもあったということです。

【6件目 香積寺】
 知り合いの結婚式でバイオマス研究会の理事長と出会い、ペレットのことを知ったそうです。お寺の土間が灯油ストーブ1台では暖まらないので、ペレットストーブの購入を決められました。現在は薪を使用されていますが、万が一薪を調達できなくなったときに、ペレットが使えるのでクラフトマンにしたそうです。ペレットストーブを使ってみて良かった点は、人が集まってゆっくり話ができる点と、焼き芋・焼肉、お鍋などができる点ということでした。

 香積寺にて


 上記の聞き取り調査の他、バイオマス研究会よりデータ提供を受けたアンケート調査結果から、ペレットストーブに対する市民の意識についてまとめました。

◆ アンケート実施場所:庄原市総合交流拠点施設「食彩館しょうばらゆめさくら」(庄原の農産物や特産品を販売する市の施設)
◆ 実施期間:平成15年11月〜16年3月
◆ 方法:館内にリース設置したペレットストーブ付近にアンケート用紙を置き、来館者による自由記入
◆ 回答者数:68名
◆ 結果の概要:ペレットストーブを知らない(47名)、ストーブを設置したい場所(自宅36名・公共施設19名)、購入を考える価格帯(10万円以下46名・20〜30万円45名)、ストーブの気になる点(特にない25名・音13名・窓の汚れ10名・デザイン9名)、どんなストーブがあったらよいか(小型30名・やかんを置ける22名・おしゃれなデザイン22名・持ち運びが可能14名)

 このアンケート調査から分かったことは、ペレットストーブを知っている人はまだ少ないということと、ストーブの印象は良く、自宅に置きたいと考える人はいるが、価格が高い、サイズが大きい、デザインが良くないなどの理由でなかなか購入とまではいかない人が多いのではないかということです。
 その他、自由に感想を記載してもらったところ、煙が少ないことや、環境に良いこと、灯油に比べてにおいが無いこと、炎が見えることの良さなどを挙げられていました。

 食彩館しょうばらゆめさくら


(4) 考察

 ペレットストーブを知ったきっかけは、お店や家の新築・改築の際、知人やストーブ販売代理店、建築家から聞いて知ったということでした。ストーブ設置には煙突や排気筒設置の工事が必要なので、新築・改築時に合わせて導入すると、設計段階から置く場所など考えることができます。
 建築家や工務店などにストーブを知ってもらい、環境に関心がある方や小さなお子さんがおられるなど有害物質が気になるご家族などにペレットストーブという選択肢を提供できれば、普及につながると考えられます。また、お店にペレットストーブが導入されることで、それを見たいという方が集まってきたり、それをみて購入したいと思う場合もあります。お店にとっては集客力が上がり、ストーブは多くの人の目に触れることになるので、様々なお店に勧めていくことも普及につながるでしょう。
 購入した理由については、環境に良い、臭わない、安全、ログハウスに似合う、広い空間を1台で賄えるなど、様々な回答がありました。中には環境にやさしいとは聞くが、どのように優しいかはよく分からず購入したという方もおられました。このことから、環境に関心がある人だけではなく、こだわりの家に似合うデザインの暖房機器として宣伝する、火の見える暮らしなどを提案していくということも検討していく必要があります。
 使ってよかった点については、炎が見えて安らぐ、人が集まる、料理ができるなどが挙げられています。ストーブの種類によって料理ができるもの、お湯を沸かす程度のもの、炎が良く見えるもの、あまり見えないものなど違います。また、ペレットと薪の両方を使えるタイプについては、薪が調達できる間は薪で、山へ入るのが体力的に難しくなってくればペレットに切り替えるなど、ライフスタイルに合わせてストーブの種類を紹介することができればよいと思います。
 改善が望まれる点については、着火に時間がかかる、火力調整が難しい、大きくて自宅に置きにくい、価格が高い、助成金など手に入れやすい制度がないなどが挙げられました。着火や火力調整、ストーブの大きさ、デザインなどはストーブを作っている側に利用者の声を伝える機会を設け、改善を図っていく必要があります。価格については、もっと多くの人に使ってもらうことで地域の資源を利用することにつながるように助成金や税の免除など手に入れやすい制度を整えて欲しいという声がありました。
 広島県では、研究会を中心とする地域に根差した活動によって、ペレットストーブが普及してきました。ストーブ台数も100台を超え、研究会への問い合わせも増加していますが、一般の方へのバイオマスエネルギーの認知度はまだ低いのが現状です。地元の森林資源を利用するペレット生産システム導入に向けた活動も行われていますが、資源循環型の地域づくりを進めるためには、より一層の普及拡大が必要です。
 ペレットストーブをより多くの人に知ってもらうためには、学校や公共施設など多くの人の目に触れる場所への導入が必要です。今後官の力で公共施設への導入がされれば飛躍的に普及が進む可能性があります。
 ペレットストーブを家庭におけるエネルギーの選択肢の一つとすることで、今まで利用されてこなかった地域の森林資源に光を当て、地域の環境のこと、地球環境のことに目を向け、資源循環型社会の構築に向けて行動を起こす人たちが増えることも期待できます。
 いろんなライフスタイルにあったペレットストーブを紹介したり、利用者や今後購入を考えている人たちの声をストーブ製作者へつないだり、市民と行政の間をつないだりと、産・官・学・民の連携をどのように図っていくか、皆が共に考えていくことが必要とされています。

 ※参考資料:NPO法人森のバイオマス研究会調査事業報告書



 報告書目次に戻る