〜活動報告〜
平成21年度 森林の市に出展しました

とき  2009年5月9日(土)
場所 東京都立日比谷公園にれのき広場
主催 林野庁

森林の市の概要

 「森林(もり)の市」は、都市に住む方々に森林・林業に対する理解を深めて頂くことや、山村と都市住民との交流を図ることなどを目的に、昭和59年から毎年開催されています。
 きのこや山菜などの林産物、木工品や家具などの販売、森林保全活動の紹介、木工体験など様々な出展があり、晴天にも恵まれ、多くの人が訪れて賑わっていました。

 

 会場の様子会場の様子

 

LN21の出展内容

 今年度は、「日本中の森に触れてみよう!」をテーマに、会員の協力を得て、全国各地から森の写真(林内の様子、樹木、動物、きのこなど)や森の産物(どんぐり、まつぼっくり、木の葉など)を集めました。
 また、昨年秋に北海道で開催したフォーラムの様子などをまとめたポスターも展示しました。
 

展示ブース
展示ブース
 

どんぐりと写真
展示品(どんぐりと写真) 
 
ポスター
展示品(ポスター)
 
お客さんの様子
お客さんの様子
 

ちいさなお客さん 小さなお客さんも
 

 

 北海道のグイマツのまつぼっくりなど、東京近郊では見かける機会が少ないものや、テーダマツなどの巨大まつぼっくりはものめずらしいのか、多くのお客さんが足をとめて、のぞいたり触ったりしていました。また、気に入ったどんぐり類はお持ち帰りOKとして無料配布したので、大人から子どもまでみなさん手のひらいっぱいに持ち帰っていました。